人材派遣

人材派遣業ってどんなタイプのものが?

決めポーズ

一言に人材派遣会社といってもいろいろとやり方があります。どんな形で派遣されるのか、ということによって大きく違うことになります。まずは一般労働者派遣ということです。これが最も一般的な派遣社員のスタイルです。この場合はまずは労働者が派遣会社に自分の情報を登録することになります。そして、登録内容に合った仕事があれば紹介してもらうことができる、派遣してもらうことができる、ということになります。仕事が切れればそれで終わりになります。不安定であるといえますから、なかなか大変な雇用形態である、といえます。もう一つは特定労働者派遣といいます。
これは企業が自分の会社で正社員として雇った労働者を派遣する、ということになります。派遣は派遣なのですが労働者が正規雇用、ということになります。派遣会社としての申請が必要なのですが、許可ではないのがこの特定派遣というものになります。もう一つは、紹介予定派遣と呼ばれるものになります。これは労働者が派遣先の会社で最大6ヵ月の間、派遣社員として労働をします。そして、期間が満了した後に派遣先の会社と直接労働契約を結ぶことになります。それが前提となる派遣のスタイルになります。こうしたタイプがあるのです。